成長ホルモンで若返り!!

成長ホルモンで若返る!!アンチエイジングのポイントは?

老化の症状>【肌の老化④】甘いものの取りすぎで起こる!肌の酸化と糖化

【肌の酸化で起こる老化でシミ、シワ、たるみ】


肌の酸化とは、肌がさびてしまうことです。
肌の酸化は、紫外線にあたることで起こりますが、
原因はそれだけではありません。
肌を酸化させてしまう原因は、ストレスもあります。
その他、喫煙、飲酒。
大気汚染も関係しています。
又、油もののとりすぎも、酸化の原因となります。
なぜなら、活性酸素は、「脂質」を好むからです。

鳥の空揚げが好きな人は多いと思います。
てんぷらやコロッケなど揚げ物は、とてもおいしいです。
焼肉が好きな人も、たくさんいると思います。
しかし、いつも油ものばかり食べていると、肌の酸化が進み、
シミやしわ、たるみの原因となり、
さらに、肌の老化を促進とせます。

【肌の糖化でおこる老化でシミ、シワ、たるみ】


最近注目されているのが、お肌の「糖化」です。
知らない人が、多いかもしれませんが、
甘いものを食べ過ぎると、体内にあるたんぱく質と糖が結合し、
糖化されたたんぱく質になり「糖化生成物(AGEs)」という物質が
作られるそうです。
そして、糖化生成物は、体内に蓄積されていきます。
この物質が増えると、老化が促進されます。
これは、体がコゲる反応とも言われます。
プリンの上にかける、キャラメルみたいな反応が、体内で起こっているわけです。

これが肌で起こると、糖化した肌は、柔軟性を奪い、黄色くくすんだ色の肌になります。
あなたの肌のくすみの原因は、もしかしたら、肌の糖化によるものかもしれません。
糖化した肌は、色が悪く、老けた印象を与えます。
さらに、肌が老化して、肌のシミ、シワ、たるみの原因になります。

肌の糖化は、ケーキや洋菓子など甘いお菓子を控えれば、よいと思いがちですが、
それだけではありません。
糖かは、お酒の飲みすぎでも起きます。
又、炭水化物の取りすぎでも起こります。
どちらも糖質をたくさん含んでいます。
さらに、たばこを吸うと睡眠不足などが糖化に、滑車をかけます。

空腹時に、甘いものをつまむと急速に血糖値を上げ、糖化生成物ができやすくなるようです。
「糖化」は、肌だけでなく、骨、血管、脳にも影響があり、
糖尿病の一因にもなっているそうです。

今、医療界では「酸化」よりも「糖化」のほうが美容と
健康に大敵、ともいわれています。

【肌の糖化と酸化を防ぐ方法】


肌の酸化を防ぐ方法は、まず原因となることをしないことです。
紫外線に当たることをさけ、UV対策をしっかりして外出すること。
油ものばかり、好んで食べないこと。です。

そして、酸化を防ぐには、ビタミンCやビタミンEなど、
抗酸化物質とよぼれる酸化を予防してくれる食べ物を食べることです。
抗酸化物質と呼ばれるものは、抗酸化ビタミン、抗酸化ミネラル、
抗酸化酵素などがあります。
こちらをご覧ください。
活性酸素は悪いのか?
活性酸素の原因と対策
抗酸化物質の種類【抗酸化酵素】
抗酸化物質フィトケミカル
抗酸化ビタミン
補助酵素CoQ10・αリポ酸
若返りホルモンメラトニン・グルタチオン

又、女性ホルモンのエストロゲンには、活性酸素を除去する抗酸化力があります。
男性らしさ・女性らしさ

肌の糖化を防ぐには、糖化を促進させる、糖分を含む食品ばかり
食べないことが一番です。
タミリさんが良くいっていますが、体に悪い食べ物ほどおいしい。
とは、まさにその通りです。

一見、糖分を含んでないように感じるものにも、
糖分は、含まれています。
たとえば、くだものの甘さも糖分です。
お米などの炭水化物やお酒も糖分は含まれています。
と、上げていくと、食べるものがなくなってしまいます。

が、食べることが悪いのではなく、食べ方が問題なのです。
たとえば、空腹で、ケーキやチョコレートを食べると、
血糖値が急に上がります。
急激に、血糖値が上がるのが良くないのです。
繊維を含む野菜・海藻類を最初にとり、魚や肉のタンパク質なども
取りながら、ご飯を間に食べる。
最後に、デザートにケーキなら、問題はありません。
偏らない食生活が大切です。

お酒を飲みながらたばこを吸い、夜更かしをして、
睡眠不足になるのは、糖化だけでなく、心筋梗塞やがんなどの
成人病のリスクも高めます。

成長ホルモンを活性化させると肌も若返ります!
成長ホルモンは、アミノ酸でできているので、 アミノ酸をたくさん含む、酢をとることで、ホルモンが活性化されます。
血の巡りが良くなり、お肌の血色もよくなり、美肌になります。
酢の美肌効果 (酢の健康・美容・万能力)

■ハトムギ酢は、玄米酢より優れた栄養があります。
ハト麦は、肌をきれいにする効果があります。
アトピー性皮膚炎や肌荒れ、ニキビ。
さらに、シミに効果があります。
ハトムギ酢の健康効果

■大麦黒酢の最大の特長は、シミの原因を取り去り、
美肌にしてくれるところです!
大麦黒酢は、玄米黒酢よりアミノ酸の含有量が、優れていています。
大麦黒酢の健康効果

■いちご酢はビタミンCとポリフェノールが豊富です。
ビタミンCには、シミやしわからお肌守る美肌効果があります。
イチゴ酢の効果

【美肌関連】


■美肌効果については、クラシック音楽を聴く事でも
得られます。こちらをご覧ください。
健康に効くクラシック http://sonata.iinaa.net/

■にんじんには、βカロチンにより血行を促進し美肌効果
美白効果があります。
又、漢方人参には、サポニンによるお肌に潤いを与え
美肌を保つ効果があります。
人参百科 http://www.ninjin.biz/

■トマトに含まれるビタミンCには
コラーゲンの生成を促す大きな役割があります。
つまり「みずみずしさ」や「潤い」を保ってくれる栄養です。
コラーゲンたっぷりの肌は、ツヤとハリが保たれ、
美しく若々しい肌を作ります。
トマトのコラーゲン美肌効果 (トマト百科)

■肌あれを予防する効果は、牡丹エキスにもあります。
牡丹・芍薬専門HP http://www.botan-e1.net/


若返りホルモン運動

アンチエイジングエクササイズ

その他の成長ホルモン

アンチエイジングレシピ

↑ PAGE TOP