成長ホルモンで若返り!!

成長ホルモンで若返る!!アンチエイジングのポイントは?

老化の症状>【肌の老化②】肌の生理的老化を知っていますか!

【肌の生理的老化】


加齢によって、体のあちこちで、老化は進んでいきますが、
肌の機能も加齢とともに、衰えていきます。 肌の老化の原因は、「生理的老化」です。

肌の中で最初に衰えるのは、保湿機能です。
年とともに、肌が乾燥しがちになっていきます。
これは角質の潤いを保つ天然の保湿成分が、
年齢とともに減少していくからです。

乾燥により、角質層の表面が乾いてはがれやすくなり、
肌の表皮の水分が蒸発していきます。
その結果、乾燥した肌が、かゆくなったり、湿疹になったりします。
特に、冬の空気が乾燥した状態の季節は、粉をふいたようになり、
かゆみが出やすくなります。

年とともに、肌が乾燥して、角質の潤いを保つ天然の保湿成分が、
減少していった肌は、やがて小じわになっていきます。

次におこるのが、皮膚が薄くなる現象です。
年と共に、肌が薄くなってきたと、感じることはないでしょうか?
血管が、透けて見えるようになったとか・・・
これは、年齢とともに真皮層のコラーゲンやエラスチンの量が減少し、
表皮が薄くなっていきたからです。
その結果、弾力性がなくなり、肌がたるみます。

そればかりではありません。
肌が薄くなると、抵抗力が落ち、ちょっとした刺激で、
肌トラブルもおきやすくなります。
下着で擦れただけで、赤くなったり、かゆみが出たり、
顔だけでなく、全身の皮膚で老化による皮膚トラブルはおこります。

この様に、肌の弾力は、コラーゲンとエラスチンにより、保たれています。
エラスチンは、聞きなれない成分ですが、エラスチンがコラーゲンを
しっかり束ねているので、皮膚は、弾性を維持出来ているのです。
両方合わせて、初めて、肌の弾力性は、維持できるのです。

肌の弾力性に必要なコラーゲンとエラスチンは、女性ホルモンと関連しています。
更年期を迎えて女性ホルモンの分泌が少なくなると、
当然、コラーゲンやエラスチンも少なくなり、新陳代謝も悪くなって、
たるんでしまうわけです。

これらの老化による症状は、成長ホルモンを活性化させることにより、改善されます。
成長ホルモンは、アミノ酸からできており、アミノ酸をとることで、活性化されます。
お酢には、アミノ酸が豊富に含まれているので、酢をとることで、
成長ホルモンを活性化でき、肌の若返り効果があります。
お酢のなかで、特に美肌効果のある酢は、ハトムギ酢、大麦黒酢、いちご酢です。
酢の美肌効果 (酢の健康・美容・万能力)

■ハトムギ酢は、玄米酢より優れた栄養があります。
ハト麦は、肌をきれいにする効果があります。
アトピー性皮膚炎や肌荒れ、ニキビ。
さらに、シミに効果があります。
ハトムギ酢の健康効果

■大麦黒酢の最大の特長は、シミの原因を取り去り、
美肌にしてくれるところです!
大麦黒酢は、玄米黒酢よりアミノ酸の含有量が、
優れていて、疲労回復効果・ダイエット効果もあります。
大麦黒酢の健康効果

■いちご酢はビタミンCとポリフェノールが豊富です。
ビタミンCには、シミやしわからお肌守る美肌効果。
風邪をひきにくくする効果があります。
イチゴ酢の効果

美肌関連サイト


■美肌効果については、クラシック音楽を聴く事でも得られます。
健康に効くクラシック http://sonata.iinaa.net/

■にんじんには、βカロチンにより血行を促進し美肌効果
美白効果があります。
又、漢方人参には、サポニンによるお肌に潤いを与え
美肌を保つ効果があります。
人参百科 http://www.ninjin.biz/

■肌あれを予防する効果は、牡丹エキスにもあります。
牡丹・芍薬専門HP http://www.botan-e1.net/

■トマトに含まれるビタミンCには
コラーゲンの生成を促す大きな役割があります。
つまり「みずみずしさ」や「潤い」を保ってくれる栄養です。
コラーゲンたっぷりの肌は、ツヤとハリが保たれ、美しく若々しい肌を作ります。
トマトのコラーゲン美肌効果 (トマト百科)

■色には、肌を美しくする美肌効果のある
色があります。若返り効果のある色もあります。
【若返り効果のある色①】ピンクでアンチエイジング
(好感度をあげ成功する!色彩心理学)


若返りホルモン運動

アンチエイジングエクササイズ

その他の成長ホルモン

アンチエイジングレシピ

↑ PAGE TOP