成長ホルモンで若返り!!

成長ホルモンで若返る!!アンチエイジングのポイントは?

【成長ホルモンの効果⑧】夜起きない!!ぐっすりと熟睡できるようになる方法はある!

【アミノ酸トリプトファンでぐっすりと熟睡】


年をとると、眠りが浅くなり、
夜中に何度も目が覚めて、トイレに行ったり、
早く目が覚めるようになるといいます。

これは、加齢により、
眠りの質が高齢になるほど低下するからです。
加齢により、ノンレム睡眠もレム睡眠も
確実に減少していきます。

肉体の機能は年とともに、低下していきますが、
眠りをつかさどる機能も低下していきます。
つまり老化現象です。
眠りをつかさどるホルモンの分泌量が年とともに、
減少しているからです。

年をとると眠れなくなるのは、高齢者の日常生活は、
あまり動かない。運動不足によるものです。
睡眠の必要量が減っているためです。
要するに、あまり動かなければ、眠る必要もない。
と言うわけです。
ぐっすり、眠るためには、年をとっても、
無理のない運動を続けることは大切です。
体を動かすことで、ホルモンが活性化されます。

ただし、睡眠障害は高齢者ばかりに
起こるものではありません。
生活のストレスなどから、40代を過ぎたころから、
睡眠障害を訴える人も、少なくありません。

ストレスなどの要因のせいで、神経が興奮した状態が続き
眠りを引き起こすホルモンが分泌されなくなっているのかもしれません。
眠りを引き出すホルモンは、メラトニンです。
メラトニンは、「睡眠ホルモン」といわれます。

メラトニンは、アミノ酸のトリプトファンをとることにより、
ビタミンB6と力を合わせ、セロトニンを作りだます。
そのセロトニンの働きによって、メラトニンが分泌されます。

セロトニンには、精神安定効果もあるので、
興奮した神経をしずめ、安眠の為には、欠かせない物質です。

メラトニンには、睡眠効果のほかに最近注目されているは、
高い抗酸化作用と免疫力を高める効果です。

それにより抗ガン効果。進行がんの抑制効果など、
報告されています。
ほかにボケ防止効果、延命効果が期待されています。
抗老化ホルモンとも呼ばれます。
つまり。若返り効果かあるホルモンです。
メラトニンの体内量を増やせば、若返るのではないかとも言われています。

昔から、寝る子は育つといわれますが、より良い眠りをとることで、
眠っている間に、ホルモンが活性化され、若返ることができるのです。
いつまでも、若くありたいと願う人は、
ぐっすり眠ることが大切です。

この様に、アミノ酸トリプトファンをとって、
「睡眠ホルモン」メラトニンをとることで、安眠と同時に
若返り効果も得られるわけです。

アミノ酸のアルギニン・オルチニンをとって、
成長ホルモンを活性化させることでも、熟睡できるようになります。
眠るのにも体力がいるからです。

アミノ酸をとって、成長ホルモン・睡眠ホルモンを活性化させた人は、
熟睡できるようになったという人が多いです。

精神安定剤に頼っていた人も、要らなくなったといいます。
眠れないので、日中、からだがだるかった
という症状も取れたそうです。

又、熟睡できるので、
夜中にトイレに起きることもなくなったといいます。
トイレが近いという、お年寄り特有の症状がとれて若返った証拠ではないでしょか。

アミノ酸トリプトファンは、バナナや乳製品に含まれます。
アミノ酸のトリプトファンについては、こちらも参考にしてください。
アミノ酸のトリプトファンの効果
恋をすると増えるアミノ酸

お酢には、たくさんのアミノ酸が含まりていますが、特に安眠効果があるお酢は、トマト酢です。
トマト酢には、体を温めたり、ストレスを緩和する効果があり、
より良い眠りを導く安眠効果があります。
トマト専門トマトランド

【その他の不眠・安眠関連】


■薬用にんじんのサポニンは、
副腎皮質ホルモンの分泌を促し脳中枢抑制し、
脳中枢興奮・精神安定・催眠延長の効果があります。
人参百科 http://www.ninjin.biz/

■音楽療法により、参加したお年寄りの殆どに
脳が刺激され、徘徊や睡眠障害といったお年寄り特有の障害が、
軽減、改善される結果が出ています
健康に効くクラシック http://sonata.iinaa.net/

■当帰芍薬散は、ストレスを緩和する効果があります。
更年期の症状に対して、中枢神経に作用して
不安や不眠や抑うつを軽減する効果が示唆されています。
牡丹・芍薬専門HP http://www.botan-e1.net/

■神経が興奮してねむけない時。
すっきり目覚めたい時に効果のある色があります!
眠れないとき・目覚めが悪い時に効果のある色は?
(好感度をあげ成功する!色彩心理学)


若返りホルモン運動

アンチエイジングエクササイズ

その他の成長ホルモン

アンチエイジングレシピ

↑ PAGE TOP